読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CD Essay

好きなアルバムを1枚取り上げて語れるだけ語るブログ

一切ネタバレしないから『La La Land』のサントラを手元に置いときたい理由を語らせてくれ

Ost: La La Land

 

La La Landのサントラ、めっちゃ売れてるらしい

La La Land - The Complete Musical Experience - Spotify

La La Land、凄く面白いよね。サントラ売れてるらしいよ。

で、それをこのブログで扱って良いのかと思ったけど良いことにした。一応CDだし!ミュージカル映画だし!サントラをひとつの音楽作品として見ても十分な質を誇ってるし!

というのは完全に言い訳でLa La Landについて語りたいだけだ。ごめん。

ネタバレは一切しない。まだ観てない人も安心して読んでくれて大丈夫。そして焦点はいつも通り音楽についてだ。ちなみに日本語吹き替えについては全く分からない。全て英語字幕版についてだ。

 

www.youtube.com

 

映画サントラのすゝめ

ラ・ラ・ランド - Wikipedia

監督だとか役者だとかアカデミー賞だとか、そういうのはWikipediaで調べてくれ。ちょっと調べたら音楽系ブログの管理人が書くよりまともな記事がいっぱいあるはず。

 

ところで、映画のサントラって聴いたことある?

管理人は結構好きなのだが、世の中ではあまり浸透していないらしい。まあせっかく映画で動画として観れるのになんでわざわざサントラを買って聴く必要があるのかというのはあるかもしれない。でも、それ実はめちゃくちゃもったいない

例えば、例えばだ。

恋人と映画を観に行ったとしよう。凄く面白かった。特に音楽が良い感じで印象に残ってる。映画を観終わったらご飯食べながら感想を話したりして楽しく過ごして解散。今日は楽しかったまたねー。あとは友達に「あの映画観たよ、面白かった!」って言えば終わり。観た友達と思い出しながら話ができれば上々。

別に至って普通だ。どんなに面白くても感情を動かされたとしても現実に起きるのはこんなもんだ。ほとんどの人がそうだろう。

 

でも。ここでサントラを買っていたとしよう。

後日家に恋人が来た時に曲をかけてみる。そうすると急に映画のワンシーンを思い出す。「あ!このシーンめっちゃ良かったよね!」って話せる。これ。これが楽しい。

映画って観ながら話せないんだよ。一緒に観てるけど観てる間は映画と自分しかない。でも音楽なら聞きながら話せる。「ここのエマ・ストーンめっちゃ可愛かった!」とか「ここでポーズをキメたライアン・ゴズリングの胸板に萌える!」とか言える。映画を追体験しながら一緒に楽しめる

しかも音楽って物凄く映像を思い出させてくれる。映画の追体験が一番美しい形でできる。言葉で話そうとしても思い出せないシーンが音を聴いただけで鮮明に浮かんでくるのだ。しかも「ほらあの、なんかパーティ行った時にさ…」みたいに話すより「今流れてる曲のシーンでさ!」って言った方が相手にも遥かに伝わる。なんなら映画観た直後に話すより楽しいぞ

だから、サントラって凄く良いんだよ。誰かと一緒に観に行った映画が好きで音楽が良いと思ったらサントラは買いなんだよ。そうすると後でその人と一緒に凄く楽しい映画の追体験ができるんだよ。

 

www.youtube.com

 

明るくきらびやかで楽しいジャズ

さて、そこで今回のLa La Landについてだ。作曲は前回の『セッション』に引き続きJustin Hurwitz(ジャスティンハーウィッツ)である。デミアン・チャゼル監督のハーバード大学時代にやってたバンドメンバー。っていうか監督も音楽監督もハーバードとか物凄いインテリだな。あとJohn Legend(ジョン・レジェンド)も参加してる。参加してるし出演もしてる。知らずに観たのでびっくりしていた。

ご存知のようにLa La Landはミュージカル映画だ。

映画のサントラは基本的に音楽が流れるシーンを追体験できるようになってる。La La Landでもそれは活かされている。歌いながらエマ・ストーンが笑っちゃうのもそのまま収録されてる。ここのエマ・ストーンめっちゃ可愛い。あとコンプリート版(配信のみ)は更に追体験感が増している。冒頭にカメラがスーッと動く感じも思い出せるのでおすすめ。

 

曲についてだが、まず言えるのが曲がハッピーだということ。

もちろん落ち着く曲もあるし、悲しげな曲もある。そら映画だもん。ずっと楽しいとかそれ主人公やばいやつだから。でも基本的にポップで楽しい曲が多い。明るくてきらびやかでウキウキする。自然と笑みが溢れて体が動く。

この感じって映画を誰かと一緒に共有する時に大事だったりする。ひとりなら暗くても良いけど他に人がいるのに辛すぎる映画は避けるのと一緒だ。その点でLa La Landは本当に人と一緒に行くのに向いてる。

 

で、ライアン・ゴズリングがジャズ・ミュージシャン役なわけだから当然ジャズの曲が多くなる。かなり古典的なジャズも入ってくる。というか基本的にピアノ、ベース、ドラムは常に古典的なジャズだ。

しかし、映画音楽らしくオーケストラが入る。もちろんホーン隊もいる。この使い方が上手い。まあ映画音楽の作曲家なんだからそういうのが上手いのは当然なのだが、端的に行ってアガる。めちゃくちゃ盛り上がる。オーケストラの壮大さとジャズの軽快さが絶妙だ。素晴らしい。

またヴィブラフォンなどの様々な楽器を使ってシーンに合った曲にしている。「そら映画音楽だもんな」というのもあるが、飽きが来ない。基本はライアン・ゴズリングが弾いていたピアノなのだが飽きが来ないように様々な工夫が凝らされている。

また、ある種コンセプトアルバムっぽさがある。1本の映画のために作られているから当然だと思うだろうが、それだけではない。この映画にはいわゆるテーマとなるような曲のフレーズがある。これが度々挟まれるのだがそれによって曲だけでひとつの世界観を得られるようになっている。

あと、純粋にライアン・ゴズリングエマ・ストーンめっちゃ歌上手い。上手すぎて別人の口パクを疑ったけど間違いなく本人だ。映画見てる時はまじで鳥肌立った。最高。

 

www.youtube.com

 

ほらサントラ欲しくなってきた

まだ観てないなら今すぐ好きな人を誘おう。いやまあ別に普通に友達でも良いけど。せっかくの恋愛系でハッピーな映画だし気になる異性と観たほうがきっと話が弾んで楽しいと思う。そしてサントラを一緒に買って一緒に聴くといい。こんなに楽しいのかって思うはずだ。Spotifyで済ませても良いけど、こんなにいい体験をさせてくれたなら手元に置いとこうって思うはず。2人の記念にもなるぞ。別れた時のことは考えるな。

映画も含めて非常におすすめだ。こんなにも満足度の高いものはそうない。

ぜひ体験して欲しい。

 

La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥1600

 

La La Land - The Complete Musical Experience

La La Land - The Complete Musical Experience

  • Various Artists
  • サウンドトラック
  • ¥3200

 ※コンプリート版に倍の値段を出すほどかと言われると微妙なのは事実。損はしないけど基本は通常版で良いだろう。コンプリート版もSpotifyで配信されてるので通常版に無いものを補完すると良い。ちなみに管理人は通常版だ。

広告を非表示にする