CD Essay

好きなアルバムを1枚取り上げて語れるだけ語るブログ

Rodrigo Y Gabriela はキューバのオーケストラとコラボしたアルバム『Area 52』が楽しい

Area 52

 

話題のやつ、じゃない方

今から10年前、あるメキシコ音楽が世界的にヒットした。メタル育ちのバカテクでメキシカンスタイルのガットギターを弾きまくる男女の二人組デュオ、Rodrigo Y Gabriela (ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ) である。

その衝撃はあまりに凄まじく、鬼のような速弾きをガットギターでやる男性とクラシックギターとも呼ばれている楽器をバコバコ叩く可憐な女性の姿は大人気になった。 その時の2006年のアルバム『Rodrigo Y Gabriela』が10週年ということでリマスターが5月3日に発売される。この邦題が『激情ギターラ!』である。だせえ。

ということで、文句なしの名盤であるこのアルバムについて語っても良かったのだが、きっとみんな聴いてるだろうし、散々語り尽くされてる。ここは敢えて、彼らが冒険した2012年のアルバム『Area 52』について語ろうじゃないか。

 


Rodrigo y Gabriela - Area 52 Trailer

 

ふたりでできるもん! 

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ - Wikipedia

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラの特徴は何と言っても男女2人、つまりガットギター2本だけで音楽を構築するスタイルである。片方がメロディを弾いたらもう片方はバッキングをしないといけない。その上リズム楽器がないからパーカッシブにガットギターを引っ叩かないといけないのだ。それをやってのけたのだからやはりクソ上手い。メタル育ちというのを差し置いても上手い。「ひとりでできるもん!」ならぬ「ふたりでできるもん!」である。

余談だが男女2人ということで昔は恋人同士だったらしいが、別れたらしい。ふたりでできるもん!だが、できてはいない。でも音楽活動は続けている。まあ仕事だしな。頑張れ。

その2人が10年のキャリアで二度、2人ではなかったことがある。ひとつは映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』のサントラに参加した時。そしてもうひとつが今回の Rodrigo Y Gabriela & C.U.B.A. による『Area 52』である。ちなみに Area 51 っていうのはアメリカ軍の基地であり、UFOがあるだとか宇宙人がいるだとか言われてるオカルトの聖地だ。Area 52 なので、その隣って感じになる。

まあ正確な事を言うと以前のアルバムにもピアノがいたりエレキギターがいたことがあるので完全に2人ではないのだが。しかし作品全体を通してバンドサウンドとなるのは初である。

そのコラボ相手に選ばれたのはキューバのオーケストラ、C.U.B.A.である。

 


Rodrigo y Gabriela and C.U.B.A. - Area 52 Album Trailer

 

ハッピーで分かりやすく楽しい

曲はこれまでリリースしたロドリーゴ・イ・ガブリエーラの曲のアレンジである。ベスト盤みたいな選曲である。もともとインスト曲としてよく出来ていたのだが、C.U.B.A.が入ることで良さが際立っている。

ちゃんとパーカッションがいるというだけで安心感がすごい。ベースやドラムが入るということによる安定感も素晴らしい。もちろん2人だけによる世界観も面白いのだが、馴染みのある安心して楽しめるのは間違いなく今作だ。

特に金管のアレンジが素晴らしい。めちゃくちゃハッピーである。どうしたって踊りたくなる底抜けに陽気なハッピーさはこの金管達によるものだ。ギター2本だけだとどんなに上手くても盛り上げに物理的な限界がある。金管が入ることで物凄く安定するし盛り上がりが増すわけだ。

それでいて主役はロドリーゴ・イ・ガブリエーラの2人である。音のバランスや曲の展開でも彼らが主役になるように工夫されている。盛り上げるところは精一杯盛り上げて、抑えるところはしっかり抑える。そのさじ加減が本当に絶妙である。有能なアレンジャーとプロデューサーだ。

 


Rodrigo y Gabriela w/Robert Trujillo - 8.17.14 - Red Rocks Amphitheatre - "Metallica Medley"

 

マンネリ対策にしては完璧

個人的にロドリーゴ・イ・ガブリエーラはこのアルバムが一番のお気に入りだったりする。分かりやすくハッピーになれて楽しい。そういう気分になりたい時に選んでしまう。

没個性ではないか、というのはある。しかし、正直なところ編成が少ないグループというのは飽きも早い。マンネリ化ってやつだ。その解消にこういうのをやるのは非常に良いし、キューバスタイルを選んだのは大正解である。この後また2人だけに原点回帰したアルバム『9 Dead Alive』を出してやっぱり2人も良いじゃん、となった感じだから大成功である。

激情ギターラ!だけで終わっているのなら是非聴いてみて欲しい。

 

Area 52

Area 52

 

広告を非表示にする